平成30年北海道胆振東部地震災害募金を開始しました。

パスワードの不正利用を防ぐために

近頃、複数のWebサービスでパスワードが第三者によって不正利用される事例が相次いでいます。
お客さまのパスワードが不正利用される事態を防ぐための注意点をお伝えします。

パスワードが第三者に不正利用されてしまうと・・・

  • 知らないうちにポイントを交換されてしまう
  • 勝手にログインされて個人情報を漏えいされる

これらのことを防ぐために、パスワードのお取扱いには充分に注意が必要です。

Webサービスごとに異なるパスワードを設定しましょう

1つのパスワードを複数のWebサービスで使い回していると、パスワードが漏えいしてしまった場合、ほかのWebサービスにまで被害が広がってしまう危険性があります。パスワードはWebサービスごとに使い分けて管理するようにしましょう。

  • 同じパスワードを使っている場合

    同じパスワードを使っている場合、多くのWebサービスに被害が広がってしまいます 多くのWebサービスに被害が広がってしまいます
  • 違うパスワードを使っている場合

    違うパスワードを使っている場合、被害が広がる心配はありません 被害が広がる心配はありません

強力なパスワードを考案する

  • 長いパスワードを使用します。パスワードは長いほど推測が難しくなります。
  • 文字、数字、記号を組み合わせたパスワードを使用します。
  • 自分だけが知っている語句を使うようにします。

パスワードを安全に守るためのヒント

  • パスワードをメールで送信しないでください。正当なサイトやサービスでは、パスワードをメールで送信するように依頼されることはありません。
  • パスワードの覚え書きは簡単に見つからない秘密の場所に保管します。パソコンや机の上にわかりやすい場所にパスワードのメモを残さないようにしてください。

不正利用を防ぐために、パスワードの定期的な変更をおすすめします。

パスワード変更